日本における印鑑の評判というと

欧米では、契約書の最後に、契約者のサインを書くことで、その契約書が正式に成立したということを占めるわけですが、日本では、自分の名前の右側に自分の名字もしくは自分の氏名全てを入れた印鑑を押すことで、その契約書が正式に成立するということになっています。
契約書の効力というのは、自由主義に基づく資本主義社会においてはかなり重要視されるので、一度サインしたり、印鑑を押したりした契約は、なかったことにできないというのは万国共通の決まりごとになっています。
日本で契約書を成立させるために誰もが利用している印鑑について、それぞれ意見などがあると思いますし、どのような評判が出てくるのかと興味があったので、インターネットの検索サイトで検索してみたところ、2つと同じ印鑑というのはほとんど存在しないので、このようにして契約書の正当性を維持していくことは妥当で、使い勝手は悪くないという評判があるということを知りました。
実際、サインを海外での伝票記入でやってみると、書き慣れていなければかなり面倒であるということが分かりますから、そういう時は、印鑑を朱肉につけて契約書の紙面に捺印するだけの印鑑は、使いやすいわけだと、私も納得した次第です。