印鑑について話す

日本の印鑑の歴史は非常に長いものがあります。古くは中国で金印と言った物が存在しており2000年も前から印鑑が存在する事がわかっています。世界ではハンコと言う文化は珍しく海外では殆どがサインで済む事が多いです。
日本の歴史で初めて印が取り入れられたのは平安時代から中期頃と言われその文化が今でも伝わっているのですから大変長い歴史がある事がわかります。そして今もなお、日本ではさまざまなハンコが用いられており重要度が増す事に印鑑は大事になってきます。ビジネスで使う社印や代表印、家庭内で使うなら銀行印や認印など会社や家庭には必ず数本のハンコを所有しています。上記にも書きましたが昔からビジネスでもプライベートでも印鑑は簡単に判をついてはいけないと言われており、その重要さが分かります。日本では捺印一つで数十億というお金が動きますし家庭内でなら結婚や離婚、銀行で口座を作るなど多くの場所でハンコは用いられ活躍しています。近年でも社会人になれば自分用の印鑑は必ず作っておく事が大切であり今後の生活に欠かせない道具となります。そして今後も廃れる事無くハンコの文化は続いていくと思われるので多少高くても良い印鑑を作って持っておきましょう。